低血圧に気をつけよう|様々な病気の引き金になる

夫婦

健康を維持する方法

笑顔な夫婦

EPAやDHAは血液の状態を健康に保ち、脳の働きを良くする効果が期待される不飽和脂肪酸の一種です。厚生労働省は1日1gの摂取量を基準としていますが、それらを多く含む魚を毎日食べる事は現実的ではありません。そこで、手軽に摂れるサプリを利用しましょう。健康維持のためには手軽さも重要です。

Read More

がんにも効くネバネバの力

緑色の植物

海藻のもつ効能は西欧でも古くより知られ、また我が国においても平安期の「本草和名」中で腫れ物・歯牙などに効き目ありとの記述が見られます。がんに効くといった先進医療分野でにわかに注目を集めるような格好のフコイダン、さらなる研究が期待されています。

Read More

目に良い食品と成分

ブルーベリー

目に良いサプリとして、アントシアニンを含むサプリが有名です。ブルーベリーの成分の一つであり、目の疲労回復や、眼精疲労予防に良いとされています。そのため、デスクワークをされる方に人気です。

Read More

症状や分類、対策

フラワー

症状や分類

一般的に低血圧とは、収縮期血圧(高い方の値)が100mmg/Hg未満の状態を指すことが多いです。低血圧症では全く症状が出ない人もいますが、立ちくらみやめまい、倦怠感などを訴える人も多いです。低血圧症にはいくつか分類があり、一般的なのが体質による本態性低血圧症です。これにははっきりした原因はわかっていませんが、血液循環に必要なポンプ作用が影響していると示されています。一方で原因となる病気がはっきりしている場合は、二次性低血圧症と呼んでいます。更に立ち上がったときにふらつきやめまいが生じる場合は、起立性低血圧症と呼んでいます。下半身に溜まった血液を体の上部に押し上げる力が弱いために、脳にまで十分な血液が回らないため生じます。

対策が必要です

めまいや立ちくらみなどで悩まされる低血圧症。ただの体質だけで済ませてしまいがちですが、心身の不調は日常生活に大きな影響をもたらすのでしっかりと対策を立てることが重要です。低血圧症を改善させるためには、血流を良くしたり自律神経の働きを整えたりすることが重要です。そのためにはまず生活習慣の見直しが重要です。夜更かしは避けて、早寝早起きの習慣を身につけましょう。そうすることで朝の辛さを改善させることができます。また亜鉛や鉄やセレンといったミネラルや大豆などのタンパク質、ビタミンなどをバランスよく補給しましょう。特にミネラルの補給は、ホルモンのバランスを整え、冷えや低体温などを改善させます。またウォーキングなど適度な運動を続けることで、血流の改善効果が期待できます。